2020年4月19日日曜日

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症関連について

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症関連ページを作りました。
少しずつ書き足していきます。

当院における対策について
・感染拡大がおさまるまで、非接触の支払手段(PayPay)を追加しました。
・職員全員がマスクを着用させていただきます
・診察室、受付に飛沫防止用のアクリル板を設置予定です。診察室は8月上旬、受付は8月下旬には設置したいと考えております。
・原則として当院スタッフ、患者さんとそのご家族、リワークなどの援助スタッフ、検査会社さんなど日々の業務に不可欠な方々のみ来院可能とします。それ以外の方についてはテレビ会議システムなどを利用し連絡を取ることとします。
・濃厚接触となるリスクが有るため、当面の間、特別外来(認知行動療法外来など) は中止とします
・原則として待合室、診察室の窓は常時開放し、換気に努めます
(診察室の外にはビルがないため、声が外に漏れることはありませんが、気になる方はおっしゃってください。その方の診察時のみ、窓を閉めさせていただきます)


ご協力のお願い
・マスクの着用をお願いいたします
・発熱時は事前に電話にてご相談ください
・体温が37.5℃以上の場合は受診をお控えください

院長の個人的な取り組み
・不要不急の外出は可能な限り控えます
・体調管理に努めます
・これまで以上に衛生管理(手洗いなど)に努めます
・皆様に正しい情報を伝えることができるように、情報の収集ならびに取捨選択に努めます

2020年4月8日水曜日

Boys Will Be Bugs / Cavetown

久しぶりにブログを更新します。
世間の流れに竿をさして、あえて最近お気に入りの曲を紹介します。
Boys Will Be Bugs、日本語に訳すと、男子はめんどくさいんだよ、くらいの意味ですかね。

日本で言うところの「厨二」の歌とでも言えばいいのかな。
村上春樹ではなく野崎孝が訳したほうの「ライ麦畑で捕まえて」のようでもあり。
聞いていると、自分が中学2年生だったときの情景が総天然色で迫りくるのを感じます。
懐かしいです。もし神様に「この頃に戻りたい?」と尋ねられたら全力で拒否しますが。
気に入った部分を抜き出してみました。

------------------------------------------------------------------------------
I just turned fourteen
(Just turned fourteen and I think the world revolves around me)
I'm a dumb teen boy
I don't care about the government
And I really need a hug

14になった。世界が自分を中心に回っている気がするね。
俺は間抜けな10代の男子だよ。
政治なんてどうでもいい。欲しいのはハグだ。

My mum told me that she's worried
And I couldn't give a shit
The other boys at school
Think it's cool to hate your parents

母さんは心配してるとかなんとか言ってくるんだ。
知るかよそんなの。
学校の他の男子は、親を憎むことがクールだって思ってんだ。

I feel stupid (stupid)
Ugly (ugly)
Pretend it doesn't bother me
I'm not very strong but
I'll fuck you up if you're mean to bugs

自分が愚かで醜い感じがする。
別に?みたいなふりをするけどね。
俺はあんまり強くない。
だけどな、ちょっかいかけてくるんだったらぶっ飛ばす。

I punch my walls, stay out at night, and I do karate
Don't message me 'cause I won't reply, I wanna make you cry

俺は壁をぶん殴るし、夜は外に出て空手をやるんだ。
メールなんてしてくるなよ。返事もしないからな。
お前を泣かせてやりたい。
------------------------------------------------------------------------------

たぶん、こういう悩みを悩むことができる14歳が住む社会は、比較的幸せなのだと思います。こんな14歳でいることが出来なかった/出来ない人が大勢いるのも知っています。私たちの暮らす世界が、悩むべきものを悩める場所でありますように。世界史に記録されるであろう事態が現在進行形の今日この頃、そんなふうに考えました。









2020年1月10日金曜日

PE(持続エクスポージャー・PE療法)について

今回は当院に受診していただいている/受診を検討している方ではなく、PEという治療法を受けようかどうか迷っている方へ向けて書いてみます。

PTSDの治療法の一つとして、PE(持続エクスポージャー・PE療法)があります。この治療法について、「辛い記憶になんども直面させ、それに慣れさせる(乱暴な)手法」「患者さんを痛めつけることになる」などと否定的なニュアンスで説明する専門家がいます。この説明を聞いて、受療機会があったにもかかわらず、PEを治療の選択肢から外してしまう方もいます。

ただ、この類の説明(辛い記憶になんども直面〜)は、やや誤解を招くものです。その点について以下に簡単に説明してみます。

辛い記憶と向き合う技法(想像エクスポージャーといいます)がPEの治療プログラムの軸をなしていることは事実です。しかし、想像エクスポージャーは、そのための準備をしっかり行ってから治療者と共同で行いますし、エクスポージャーのあとには、体験を振り返るための話し合いを行います。そして、この話し合いが大変重要なのです。

話し合いの内容も、治療の進行具合に応じて変わっていきます。治療者は、一連の治療を通して患者さんの負担を慎重に見極めていく作業を続けます。とても暖かなやり取りになることもしばしばです。つまり、想像エクスポージャーは、単純に辛い記憶に何度も直面させて慣れさせるだけ、といった単純かつ雑なものでは決してないということです。

PEのことを「辛い記憶になんども直面させ、それに慣れさせるもの」で、「患者さんを痛めつけることになる」などと説明する「専門家」がいたら、その専門家はPEのことをよくわかっていない可能性があります。もし、そのような専門家の説明でPEを受けることを思いとどまっているのだとしたら、他の専門家の意見を聞いてみてもいいかもしれません。

PTSDについては、PEの他にも認知処理療法、EMDR、対人関係療法などといった心理療法が有効であることが示されています。PEを含め、我が国ではなかなか受療機会がないとは思うのですが、これらのキーワードを覚えておかれると良いと思います。これらの治療法は徐々に普及していますので、いつかはみなさんが居住している地域でも受けられるようになる可能性があるからです。

もちろんそれ以外にも有効な治療法がありますし、「〜療法」といったものではなくても、信頼のおける治療者とPTSDの治療にじっくりと取り組んでいかれるのも良いと思います。(ただし、何年通っていても全く変化がない、もしくはどんどん調子が悪くなっていく、という場合は、治療者の変更を考えてみてもいいかもしれません)

PTSDという病気を抱えておられて、PEという治療法を提案された方々がこのページにたどり着いて、PEを受けるか否かの判断をする上での一助となることを祈っています。

2019年12月13日金曜日

2019〜2020年度の年末年始について

年末年始の休診期間は
2019年12月29日(日)〜2020年1月5日(日)
となります。
新年度は1月6日(月)からとなります。

今年も残すところ、あと2週間ほどですね。
年末年始の休暇まであとひと踏ん張りですので、残された期間は診察枠を増枠し、普段より多くの新患患者さんをお受けしたいと考えております。

お困りごとへの対策は先延ばしせず、今年のうちに手をつけてみませんか。
ご連絡お待ちしております。

2019年9月12日木曜日

クリニックで勉強会をしました

定例の勉強会を行いました。お題は「周産期におけるメンタルヘルス支援」で、大阪医科大学病院の精神看護専門看護師である宮田郁先生に講師をお願いさせていただきました。

周産期メンタルヘルスにおける概説、現状、具体的な対応、注意点、大阪医大病院での取り組みなど内容は多岐にわたり、インプット(研究と学習)とアウトプット(臨床と広報)の多さに感銘と刺激を受けました。

周産期メンタルヘルス支援は、助産師、保健師、PSW、心理師、精神科医、産科医、小児科医などなど他職種の連携が必須です。講義の中では、熱意を持って動いた助産師や、妊婦さんの立場に立った決断を選択した産科医など感動的な協働エピソードが語られ、立場の異なる支援者への敬意が感じられました。

わたしがこのつぶやきをしているこの瞬間も、忙しく働いておられるのだと思います。宮田郁先生、お忙しいなか、大変ありがとうございました。

2019年7月13日土曜日

クリニックで勉強会をしました

クリニック終診後の水曜日、有志による勉強会を行いました。講師は山形県在住の渋谷直史先生です。渋谷先生とは全国各地の様々な勉強会でなんども顔を合わせているうちに、いつのまにか仲良くなったのでした。

勉強会はZoom(ネットによるテレビ会議システム)を通して、渋谷先生の住む山形県、参加者の一人が住む東京都、そして私たち勉強会メンバーが集まる当クリニックの三点中継で行われました。
 
このような形での勉強会を、当院では定期的に行っています。お互いの知識と経験を持ち寄り、臨床能力の向上を目指しています。開院以来続けており、気づけば21回目を数えることとなりました。ずっと続けていければと思います。

さて、渋谷先生は2019年9月より、山形県酒田市にて酒田駅前メンタルクリニックを開院される予定です。暖かく、勉強熱心で、包容力のある素晴らしい先生です。お近くで心の困りごとについて相談したい方は、渋谷先生のクリニックを訪れてみてはいかがでしょうか。




2019年7月7日日曜日

講演会に行ってきました

 この土日は、ある精神科の病気(心の困りごと)をテーマとした講演会に行ってきました。様々な流派の治療者が、その困りごとに対する治療法をプレゼンテーションしてくださる形式でした。講演を聴きながら、明日からの臨床に活かせる知識を得たり、演者のキラリと光る一言をメモしたり、自分ならどうするだろうと考えを巡らせたりしながらの二日間でした。

 最後に、一堂に会した演者達に対する質疑応答の時間があり、私も質問をしました。二つ質問をしたのですが、二つ目の質問は私の質問の仕方が悪かったこともあり、消化不良でやり取りを終えることとなりました。(限られた時間内でしたので、他の参加者のためにも、質問は一つにしておくべきでした…)
 
 さて、私は「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」をモットーに、講演会などで質疑応答の時間が設けられたら、可能な限り質問するようにしています。演者達はそれぞれのスタイルで回答をくださり、普段の臨床スタイルが垣間見れるようで大変興味深いのですが、やりとりが記憶に残る演者には共通した特徴があるかなと思います。

・質問者の質問内容に耳を澄ませ、必要があれば質問者の意図を明確化したのちに、回答を始める(だって、質問の内容を理解しなければ、回答なんてできっこありませんよね)
・質問者に敬意を払った態度を示す(ある演者の方は、誠実に回答いただいた後「これでお答えになっていますか?」と確認してくださいました。私はその時、まだまだ経験の浅いぺーぺーの身分だったこともあり、いたく感激した覚えがあります)
・主観(自分の意見)と客観(データ)を明確に区別して答える(多くの場合、私が知りたいのは主観です。客観は自分で論文を読めば済むことですから。とはいえ、終始主観でごり押し回答、というのも困ってしまいます…)

 私も頼まれて講演やワークショップの講師をすることがありますが、上に書いたようなことを意識して質問に答えるようにしています。たとえば、私は「それはいい質問ですね!」とは言わないようにしています。多くの場合、それは「いい質問」というよりはむしろ、演者が「話したいこと」と一致しているに過ぎないからです。あと、質問に「いい」「悪い」と価値判断を下すこと自体がやや上から目線かな、と感じます。

 さて、演者と聴衆の関係って、医者と患者さんの関係に似ているときもあります。医者は「知っている人」で、患者さんは「知らない人」であるという認識に、医者が微塵の疑いも持たない場合、両者のコミュニケーションはどうなるでしょうか。結果は目に見えていますよね。

 そんなこんなをグルグルと考えつつ、今日も一日が終わろうとしています。明日から新しい一週間が始まります。受診してくださる皆様、どしどしご質問くださいね。良き回答者となれるように精進いたします!