2018年9月6日木曜日

行動分析学会に行ってきました

先日、京都で開催された「日本行動分析学会」に参加し、島宗理先生の講演を聞いてきました。行動分析学とは「人がそのように行動する理由を実験的に探求する心理学」で、精神科医療に大いに役立つこともあり参加したのです。ちなみに学会会場は同志社大学今出川キャンパスで、大変お洒落でした。わたしもこんなお洒落なキャンパスで大学生活を送りたかったです(笑)。

行動分析学の特徴のひとつとして、何かがうまくいかない時に、その原因を、誰かの意志の弱さや能力のせいにしない、というものがあります。わたしが行動分析で一番好きなのはこの点です。島宗先生は、わたしたちが陥りがちなこの袋小路を「個人攻撃の罠」と表現しておられます。

講演自体も、参加者と共同的に盛り上げ、学習効果を高める工夫が随所になされていて、大変勉強になりました。その工夫の一つとして、島宗先生がクイズを出して、参加者がスマホを使ってそれに答えるというものがありました。実はこのクイズ、参加者の応答速度が集計されており、なんと私の回答速度の平均は100人以上いた参加者のうち第2位だったようで、ご褒美に島宗先生のご著書をいただけことになりました!(ただし、肝心の正答率がどうだったかは謎です笑)

で、本日さっそく私が希望したものが届きました。
その名も「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」です。

ちなみに、島宗先生のご著書では他に、「パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学」がオススメです。自分の属する組織がうまくいかず、自分を責めたり、他人に怒りを抱えたりして前に進めなくなっている方にはとくにオススメです。きっと、違う角度から物事を眺める力がつくはずです。

島宗先生、ありがとうございました。大切に読み進めようと思います。






2018年9月1日土曜日

Rex Orange County - Loving is Easy (feat. Benny Sings)

どうにもしんどい時ってありますよね。
不安に不安が重なり、いてもたってもいられないとき。
くよくよが数珠繋ぎになって、前に進むことができないとき。

そんなときは、軽やかな気分になった「ふり」をしてみませんか?
意外と、出口が見つかるかもしれません。

部屋の中でふんわりと踊ってみましょう。
ダンスには自信がない?大丈夫。
あなたの部屋の中なら、ムカつく彼も、ウザい彼女もみてませんから。

お供に、こんな曲はどうでしょうか?ちょっと短いので、リピート再生ボタンをお忘れなく。



2018年8月2日木曜日

開院三周年を迎えました

少し遅くなりましたが、この7月に当院は開院3周年を迎えました。
写真の時計は開院にあたり高校時代からの友人が贈ってくれたもので、待合室に掛けてあります。

私が引退することとなりクリニックが終わりの時を迎えるまで、この時計はこの場で時を刻み続けるのだなと考え、開院日前日にしみじみとしたことを思い出します。実は、それと同時に、クリニックが早々に潰れてしまって、1年くらいでお役御免となったらどうしようと不安になったことも覚えています(笑)。

おかげさまで、まだしばらくのあいだ、ここ御器所で皆様と関わらせていただくことができそうです。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

時計をくれたK君と、みなさまに感謝を込めて。では、また。

2018年3月26日月曜日

3月はお別れの季節ですね

平成30年の3月も、残すところあと1週間ですね。会社員の方々にとっては異動の季節でもあり、学生の方々にとっては新たな人生の始まりでもあります。当院でも、遠方への転勤や就職に伴い、この3月が最後の診察となる方たちが大勢いらっしゃいました。

そのなかには、治療を終了される方もいれば、転勤先の病院で治療を続けることになった方もいらっしゃいます。

振り返ると、これまで多くの方が転勤、進学、就職のため、この季節に当院を卒業されていきました。

みなさん、私のことを覚えていますか?私は覚えていますよ。新天地はどうでしょうか。みなさんの毎日が少しでもより良い方向に向かっていることを祈っています。何かありましたら、いつでもお越しくださいね。

それでは、また。